着物をタンスに片付ける際に気をつけることは?

着物をタンスに片付ける人も多くいると思いますが、タンスに片付ける際に気をつけることがありますが、どのようなことでしょうか。まずは、片付ける際に守るべきことがあります。それは、虫から守ることと、型崩れから守ることと、湿気から守ることと、金糸などの装飾から守ることが重要になってきます。これらをしっかり守っていると、どのような物に片付けても良いと言われています。そのためには、片付ける際に、着物をたくさん詰め込みすぎないことと、こまめに風に当ててあげることや、防虫や防湿をしっかりすることが大切です。着物の絹糸は天然の素材で、生きているので、虫がつきやすく、カビも生えやすくなっているので、普段の洋服よりも、よく気をつける必要があります。そして、しわが出来ないように、着物は畳んでしまう必要があって、長時間ハンガーなどにかけておくと、生地が伸びてしまいます。湿気がこもらないようにするには、よくタンスから取り出してあげたり、除湿湿剤を使用する方法があります。